保守点検の流れ

1.事前調査

設置されている消防設備などの事前調査を行い、御見積書を作成致します。

3.点検の実施

外観や機能点検を6ヵ月に1回以上行い、機器の適正な配置や損傷の有無を確認します。総合点検は1年に1回以上行い、設備の全機能もしくは一部を作動させて、総合的な機能確認をします。

5.点検結果報告書の作成

点検結果をもとに報告書を作成します。
点検結果報告書や点検結果総括表点検者一覧表、点検票の様式は消防庁告示で定められています。

2.点検契約

点検の手順や日程、時間など、物件ごとの打ち合わせを細かく行います。

4.改修・整備

改修や整備は消防設備士のみ行うことができます。(軽微な整備は除く)。不良箇所を発見した場合は、速やかに改修・整備を行います。

6.報告

防火対象物関係者が、消防本部のある市区町村の消防庁あるいは消防署長へ、点検結果報告書を直接または郵送で提出します。